旭川南ロータリークラブ会長 方針
「未来を考えよう!」

2018〜 2019年度会長 野  徹

 2018〜19年度旭川南ロータリークラブ会長を引き受けることになりました。 会長という大役に身の引き締まる思いです。

 さて、2018〜19年度国際ロータリー会長バリー・ラシン氏は、次のように言っております。 ロータリーの奉仕とは、人々の人生、そして地域社会を変えるものであり、真に変化を生み出す奉仕をより実現するために、我々が昨今直面する課題に勇気と希望、そして創造性をもって正面から立ち向かう意欲を、クラブ、地域社会、そして組織全体から引き出すための“インスピレーション”となる必要がある。

 そこで旭川南ロータリークラブの今年度の方針を「未来を考えよう」とさせていただきます。

 私たちロータリアンが世界で、地域社会で、そして自分自身の中で未来への道を拓くため、変化を恐れずよりよい未来のために仲間が手を取り合って行動する社会を目指す。 それが「未来を考えよう」という方針のビジョンであります。 今年度第 2500地区ガバナー細川吉博様、第3分区ガバナー補佐当クラブの仲間であります淤見政儀様と共に、旭川南ロータリークラブがより素晴らしいクラブになるよう、行動していきたいと考えます。

 会員の皆様のご指導、ご協力を心よりお願い申し上げます。 今年1年、何卒よろしくお願い申し上げます。