旭川南ロータリークラブ会長 方針
「団結しよう!」

2020 〜 2021年度会長 山 本 直 久

2020〜2021年度旭川南ロータリークラブの会長を引き受けることになりました。私が生まれる前に創立された長い歴史と伝統を有する団体の会長職を務めることは大変光栄であるとともに、諸先輩を含む会員の皆様の舵取り役を担う責任の重さを痛感しております。
ホルガー・クナークRI会長は「ロータリーは機会の扉を開く」とテーマを掲げ、多様性のあるロータリアンが皆で集まる(together)ことでより活動的になることができ、そうした交流が、楽しみながら、少しだけロータリアン1人1人に新しい視野と経験をもたらしてくれることを指摘しております。また、そうして得られた知見は、ロータリーの中核的価値観(奉仕、親睦、多様性 、高潔性、リーダーシップ)に沿ったかたちでの有機的かつ持続可能な変化(革新)を可能とし、ロータリーをより強固なものに発展させる旨説いています。そして、松田英郎第2500地区ガバナーは、ポール・ハリス以来の115年の歴史と変革を受け入れつつも、ロータリーをより進化させていく必要性を説き、今までの活動に、会員のユニークな発想を加え、ランクアップを意識した活動をすることを求めています。
ここまでRI会長やガバナーの講演を断定口調で要約しましたが、あくまで私の解釈ですので、実際の言いたいことは違うのかもしれません。しかし、会員1人1人がロータリーの可能性を信じ、楽しみ、それでいて少しずつ変化(ランクアップ)を模索すべきだという方向性を説いていることは間違いないと思います。どのような団体においても、構成員が楽しみつつも興味深く活動することができ、かつ、新しい変化があることが維持・発展につながりますので、クラブとしても、こうした方向性で活動していくことが重要だと考えます。
このようなことをいうと怒られるかもしれませんが、私は「会員増強」を強調することには疑問を持っています。私は、ロータリーに加入し、昼食や夕食を摂りながら諸先輩方の経験談を聞き、非常に面白い(interesting)と思いました。役に立つと思いました。20年以上前の経験談でも、現在に生かせると思いました。ロータリーの原則1業種1人という考え方もなるほどと思いました。1業種1人にこだわるべきだとは思いませんでしたが、興味深い考え方だと思いました。末尾に「思いました。」を連続で用いましたが、当時、私は、色々な業種の諸先輩方の様々な経験談を聞くことで、多くのことを発見し、考えさせられ、「思」っていました。居心地がよく、発見があり、興味深く、楽しく会員が過ごせるクラブとなれば、自然と人は集まるでしょうし、皆、紹介したくなると考えます。ロータリーは営利団体ではありませんので、会員増強は「目標」ではなく、「結果」であるべきです。
そこで、RI会長方針や地区目標に沿い、私の思いにも沿う「居心地がよく、発見があり、興味深く、楽しく会員が過ごせるクラブとすること」を会長方針としたいところではありますが、本年度の方針としては大仰ですので、「団結しよう!」とさせていただきます。「団結」という言葉は、皆が一体感を持ち、力を合わせて強く結びつくことを表します。そもそも会員の皆様は様々な業種で膨大な経験を積んでおられるので、一体感を持って強く結びつくことを意識するだけで互いに発見等があり、興味深く過ごせると考えます。また、今までは手を出さなかった活動(ランクアップした活動)に団結して取り組み、達成することができれば、より楽しく過ごせることと思います。
ところで、本年度は、コロナウイルス感染症の世界的大流行(パンデミック)の影響で、大打撃を受けた(または受けている)業種も多く、また、そうでない方々も日々の社会生活を多大に制限された(またはされている)ことと存じます。こういうときこそ団結し、助け合うことが大切です。今まで経験したことのない事態だけに、成功体験の蓄積はありません。会員同士で情報交換を行い、成功体験(実験的に試してみてうまくいった経験等)を共有し、困難を乗り切る必要性を感じています。
書き始めると思いのほか筆が進んでしまい、今までにない長文の会長方針となってしまいました。
本音ではまだ会長になるには人生経験が不足していると思っておりますが、引き受けた以上は、会員の皆様にご迷惑をおかけしないよう精一杯取り組む所存です。とはいえ理事並びに会員の皆様のご指導、ご協力がなければ運営がままなりませんので、何卒よろしくお願い申し上げます。