旭川南ロータリークラブ会長 方針
「絆を大切に!」

2021〜2022年度会長 一 條 豪 真

2021〜2022年度 旭川南ロータリークラブの会長を引き受ける事になりました。
長い歴史と伝統のあるクラブの会長職を努める責任の重さを痛切に感じ身の引き締まる思いです。
2021〜2022年度 RI会長 シェカール・メータ氏は「奉仕しようみんなの人生を豊かにするために」をテーマとし、奉仕するとき誰かの人生だけでなく自分の人生も豊かになり、誰かのために生きてこそ人生には価値があると述べられています。そして、漆崎隆ガバナーは「ロータリーの素晴らしさを広めましょう」をスローガンとし、地区の明るい未来の為に、地域の人々と「親睦と持続可能な奉仕活動の推進」を地区方針としました。
これらの事をふまえて、今年度の会長方針を「絆を大切に!」とさせていただきました。
昨年度はコロナの影響で例会や行事も多数中止になり、会員同士の交流も中々出来なくなりました。
自分自身が身を守らなければいけないコロナ禍の現状で誰かの為に奉仕する事は難しいかもしれません。
だからこそロータリーで得た「絆」を大切にし、結びつきを強化したいと思いました。ワクチンの接種も始まり、徐々に通常の社会に戻っていくとは思いますが、皆さんで協力し助け合っていく事が大切だと思います。至らない事が多々あると思いますが全力で頑張りたいと思いますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

地区目標
1.会員増強の目標をたて実行しましょう。
2.あと一歩のポリオ根絶に協力しましょう。
3.戦略計画委員会を立ち上げ、クラブの活性化をはかりましょう。
4.今期も寄付ゼロクラブをなくしましょう。
5.米山留学生の母国を理解し親交を深めましょう。
6.RLIを推進しましょう。
7.「ロータリー奉仕ディー」を地域の人々と共に実施しましょう。
8.ローターアクターと種々の行事を共に行いましょう。
9.家族同伴例会を増やし、パートナーや家族にロータリー活動の理解と共に、素晴らしさ、楽しさを味わってもらいましょう。